実際の葬儀の手順とは?

一般的に身内の葬儀という場面で慌てず行動できる人はなかなかいないでしょう。冷静なときなら大丈夫でもつい平静を失い葬儀にかかわる手順を忘れてしまうこともあるでしょう。
そんなときに落ち着いて対応できるよう、今回はご臨終を見届けてから葬儀までの流れを簡単に説明していきます。

まずご臨終を見届けましたら担当の葬儀社まで連絡をしましょう。そのときにはきちんと、連絡している人間の氏名、亡くなった方の氏名、故人のいる場所などを伝えてください。
その連絡ができましたら葬儀社の担当が来てくれますので、それまでの間に医師から死亡診断書を受け取っておくことも忘れないでください。
亡くなったのが病院であればそこから安置所まで搬送してくれます。

その後は葬儀社との打ち合わせを行わねばなりません。式の日時、場所、遺影に使う写真のことなど細かいところまで決めなくてはなりませんから遺族、特に喪主となる人はかなり忙しくなります。
細かいところまで話が決まればその後は関係者への連絡といった手配を行わなければなりません。

その後にようやく納棺となります。特に真夏などは遺体の状態を綺麗に保っておくためにドライアイスをまめに交換する、はやめに納棺するといった工夫が必要となる場合があります。
他にも納棺前のメイクなどもありますが、葬儀社の人と上手く打ち合わせしながら進めていきますので実際に行ってみればそれほど大変ではありませんので安心してください。

それらが済み、ようやく通夜、葬式・告別式となります。このように喪家は式が始まるまでもやることが多いので、もしもに備えてできる準備はしておくほうが賢明かもしれません。

葬儀にかかる一般的な時間とは

葬儀となったとき、費用や日程なども重要ですが、どのくらいの時間がかかるのかというのも非常に気になる部分ですよね。そこで今回は葬儀にかかわる一般的 な時間について紹介していきます。多くの人は時間をある程度予想しスケジューリングする必要があるでしょうから是非参考にしてくださいね。

まず、初日である通夜についてですが、こちらは夕方の6時くらいから始められるのが一般的です。ただ、遺族や親族、係りのものなどは準備がありますのでこの1時間前には集まっていることが多いです。そして通夜自体は午後8時~9時くらいに終わるものです。比較的早く終わりますから翌日の葬式・告別式に向けて通夜の後はしっかりと休養をとっておくのが良いでしょう。
では次に翌日の葬式・告別式の時間について説明していきます。
葬式・告別式については開始とされる時間帯にかなりばらつきがあり、午前10時ということもあれば午後3時ということもあり得ます。
そのため通夜と違って開始の時間にあたりをつけるのも難しいですから会場はもちろん、時間についても事前にちゃんと確認しておくようにしましょう。
この葬式・告別式に関しましては5時間~6時間程度かかるものと考えておけば概ね間違いないでしょう。

5,6時間と考えると大変に思えるかもしれませんが、火葬の最中など肩の力を抜いて休める時間帯も用意されていますので喪家などは別ですが一般の会葬者がそこまで疲れることはないかと思います。
むしろ、先に挙げたような待ち時間を除けば何かしらのスケジュールが詰まっていますから時間があっという間に過ぎると感じるほどでしょう。
葬儀となったとき、費用や日程なども重要ですが、どのくらいの時間がかかるのかというのも非常に気になる部分ですよね。
そこで今回は葬儀にかかわる一般的 な時間について紹介していきます。多くの人は時間をある程度予想しスケジューリングする必要があるでしょうから是非参考にしてくださいね。

まず、初日である通夜についてですが、こちらは夕方の6時くらいから始められるのが一般的です。
ただ、遺族や親族、係りのものなどは準備がありますのでこの1時間前には集まっていることが多いです。そして通夜自体は午後8時~9時くらいに終わるものです。
比較的早く終わりますから翌日の葬式・告別式に向けて通夜の後はしっかりと休養をとっておくのが良いでしょう。
では次に翌日の葬式・告別式の時間について説明していきます。
葬式・告別式については開始とされる時間帯にかなりばらつきがあり、午前10時ということもあれば午後3時ということもあり得ます。
そのため通夜と違って開始の時間にあたりをつけるのも難しいですから会場はもちろん、時間についても事前にちゃんと確認しておくようにしましょう。
この葬式・告別式に関しましては5時間~6時間程度かかるものと考えておけば概ね間違いないでしょう。

5,6時間と考えると大変に思えるかもしれませんが、火葬の最中など肩の力を抜いて休める時間帯も用意されていますので喪家などは別ですが一般の会葬者がそこまで疲れることはないかと思います。
むしろ、先に挙げたような待ち時間を除けば何かしらのスケジュールが詰まっていますから時間があっという間に過ぎると感じるほどでしょう。

東京の葬儀費用

葬儀というのは故人との別れを告げるための大事な儀式であり遺族の方たちはその準備にも奔走しなくてはなりません。その準備の際に心配になるのが葬儀にかかる費用についてです。
予めもしものときに備えて準備をしておければ別ですが、そうでなければどれだけの費用が必要になるのか不安になるでしょう。
では一般的な予算はどの程度を考えておけば良いのかということですが、知っておきたい!葬儀の費用などを参考に見てみると東京都での一般的な葬儀費用は約130万円前後となっており、全国平均と比べてやや高めの金額となっています。
もちろん、ご家庭や東京の中でも地域によって諸々の違いが出ることとなりますが、120~140万円程度を考えておく必要があります。
また上記は葬式費用のみであり、他にも寺院費用、飲食接待費用なども同様に必要となります。それらの経費を合わせると少なくとも総額は180万円前後となるでしょう。
この内訳に関しましては祭壇や霊柩車の種類、会場、参列に来られる方の人数などによって決まります。
ですので、一概に180万円を考えておけば確実に足りるというわけではありませんので注意してくださいね。
そして、これらの予算は葬式の際に利用する業者によっても金額に違いが出る部分ですから、葬儀社をしっかりと吟味するということが予算的にも内容的にも遺族が満足できる葬儀にするためにとても重要なことです。
急な出来事に慌ててしまい、いい加減に葬儀社を選ぶと、同様の内容・サービスでも金銭的に大きな違いが出てしまうという恐れがあります。
いずれにせよ東京での葬式は要となる葬儀費用が高くなりやすい傾向にあるので、その点を踏まえて考える必要があります。